Workshop

明けましておめでとうございます!すっかり明けてしまった2013年☆
今年も「トンガにさくら咲く」を宜しくお願いします。
e0276457_1829269.jpg

<ロックガーデン@エウア島>

気付けば2月!
あっという間に新学期も始まってしまいました。
書きたいことたくさんあるのに…(笑)

12月に行われた、エウア高校の卒業式、
そして小学校の終了式。(トンガの伝統的な踊り、また見せてもらいました。)
カッコよかったな~。

首都に上がって、初めての「総会」。
(Jicaボランティアが6カ月に一度集まって報告などをする会議)
6カ月という時間の流れを改めて再確認しました。

一度エウアに帰り、同期隊員とエウア観光。

首都にまた上がり、初の任国外旅行。
フィジーとキリバスにいくはずが…。
フィジーで食中毒にかかり、キリバス断念。

年越しはフィジーで迎えました☆

トンガに戻ってからは首都で「サマースクール@TIOE」に参加。

エウアに戻り、また風邪をひいて、一週間寝込む。

そして、エウア高校、新学期前のPlanning Weekスタートです!

書いていてもあっという間ですね。
今日は、Planning Week(午前)と同時進行で行われた、
Australian AID、中等教育LeadershipのためのWorkshop(午後)に3日間参加してきたので、
その様子を綴りたいと思います。

と、いうのも、たくさんいい刺激を受けてきたからです。
いいものをもらったら消化しないと…。

この一週間は、本当にいつものみんななの!?と思うぐらい、
よく考え、よく話し合い、(よく食べ)、朝の9時から夕方5時まで
「どうしたら学校がよくなるか、学生がいい教育を受けられるか」
について討論を交わしました。

e0276457_18493467.jpg

真剣な会議でもテーブルの上にココナッツジュース♪南国でしょ?(笑)

参加者は、エウアにある2校の高校の校長先生、教頭先生、
そして先生方の代表、HOD(それぞれの科目の長)でした。

1日目:Visionary Leadershipとは?
2日目:Organisational Leadershipとは?
3日目:Instrucutinal Leadershipとは?

この三点に分け、Workshopが行われました。

この午後のWorkshopは気持ちよかった!!
なぜかというと、全部英語だったから。

午前中は、このWorkshopとは別に、
エウア高校の先生方が全員参加して、
エウア高校の1年の目標や改善点、改善方法をディスカッションしていくのですが、
先生方の話す…
トンガ語が…
分からない…。

ときどき、聞こえる英語の単語から、一生懸命言っていることを拾おうと思うのですが、
ちんぷんかんぷん。
それでいて、私に意見を求めるときだけ
「What do you think?」

えー、その言葉だけ英語で言われてもさー(;_;)
話してる内容が分からないんだよー。
意見を聞くなら、その前から英語でしゃべってよー。

と思うのですが、そんなに甘いこと言ってられませんね。
なので、自分が理解している時は、前後のつじつまが合っていないにせよ、
言ったもん勝ちだ!と英語で自分の意見を言っていたのですが、
話し合いなので…。やっぱり相手の意見を聞きたい。
相手が何かを言い、周りが「そうだね~」と相槌した時には、その意見がとっても聞きたい!!
でも理解できない…。このフラストレーションが毎回多くて、ぐったりしていたのですが、
このWorkshopは全部英語だったので、何か今までのもやもやが晴れたようで、自分が考えていること、思っていたことをより多くのトンガ人とシェアできました。
またトンガ人が教育についてどう考えているのか知ることができ、たくさんの発見がありました。

それでも、やっぱり1日目は緊張して、自分の意見をいうまでに時間がかかりました。
でも、この時に気付いたのは、言葉のせいじゃないんだなということ。
私は、今まで周りがトンガ語で話すから理解ができなくて意見が言えないと思っていたけれども、
ある程度話すことができる英語になっても、やはり緊張して言い出せなかった。

原因は言葉だけではないんですね。

間違っているとか正しいとかそういうこと離れ、
もっと根本に返り、
自分の今の考えを知ってほしいな。それに対する相手の話も聞きたいな。
と思えば、自然に緊張もほぐれ、活発な意見交換ができるのでした。
e0276457_19214320.jpg


それでは、話し合いの中で私がイイナと思った言葉を2つ紹介したいと思います。

まず一つ目。
Q:「リーダーに必要な素質とは?」
e0276457_19451852.png

会社でも組織でも、皆が同じ方向を向いてゴールを目指すことが理想ですが、
自分がこれからしようと思っていることに対し、周りが消極的、批判的なこともあります。
そんな時、どうやって皆を導いていくのか。

忍耐力?行動力?知識?

それは[passion]なのだそう。
夢への情熱。自分の中に夢に対する情熱があれば、周りが道に迷っても、発信者であるあなたが道に迷うことはない。
いつでも自分に振り返り、また自分から始まる。
それが、皆を動かす原動力となる。

う~ん。うなずけました。みなさんは、今自分の中にみなぎるパッションがありますか?
駒ヶ根にいる時の方があったかもな…。
今いる環境に悩んだり、困難な状況に置かれたときにこそ、自分に問いかけたい一言だと思いました。


ふたつめ。
「学生はダイヤモンドの原石」
見せてもらった絵は、真ん中に大きいダイヤモンドがあってその周りをいろいろな道具が囲んでいます。
布だったり、金づちだったり、ナイフだったり…。

よく、成績や授業態度から、いい学生とそうでない学生と、教師側は分けたがるけれども、
学生という存在自体、何をしなくても、才能にあふれているものと認めることが大事。
そのダイヤモンドの原石を時には磨いたり、時には削ったり、時にはたたいたりして(これが教育の役割)素敵なダイヤモンドにする、という絵でした。
学生の学び方も、、コミュニケーションから、文学から、ロジカルに、ビジュアルに、ミュージカルに…といろいろ得意とする知性があり、それを教師が理解しながら進めていくことが大事だ。
自分が教えている方法に当てはまらないからといって、それをだめだと決めつけてはいけない、という内容でした。

ダイヤモンドの絵は、エウア高校の先生たちが、話し合って出したアイディアなんですよ。
すごいなー。エウア高校の先生たちの教育にかける想い、見直したworkshopでもありました。

これから、このメンバーで1年、1つのチームとして、
活動できること、とても嬉しく思うし、楽しみになってきたよ~☆

さぁ~!日々の授業、目の前にあることをコツコツやっていこう。
[PR]
by mi_kana2012 | 2013-02-07 19:10 | School Event


トンガで日本語教師


by mi_kana2012

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Pre-Assignment.T.P
School Event
Japanese Class
Event in Eua
Weekend
つぶやき
文化の気付き
料理
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

消化物展示場@今一時日本
Marshallsに日本...
Tongan Time
モルディブ生活Log

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

今までありがとうございました。
at 2014-10-19 19:45
Happy New Year!
at 2014-01-12 20:36
Japanese Guest..
at 2013-10-25 14:14
バヌアツからMalo ele..
at 2013-10-25 13:43
近況報告
at 2013-08-29 16:46

ファン

ブログジャンル

海外生活
語学

画像一覧