2学期が始まりました。

みなさん、Malo elelei!
e0276457_18572563.jpg


前回のブログから2週間がたってしまいました。
先々週の金曜日にTERM1が終わり、任国外へ。
今週の月曜日、2学期が始まる朝にエウアに帰ってきました。

あっという間の1週間の休み。楽しかった!
今週から、TERM2(2学期)が始まっています。

きゃ、信じられない。
もっと休みたいよ。

と心の中で、私が言っています。

でも教室に入って、やんちゃな子供たちに会うと、そんな気持ちも吹き飛ぶな~。
体も生活リズムもだんだんエウアンタイムに戻っていくのが分かります。
もうここは私にとってのhome。

ねずみさん、ごきぶり、やもちゃん、天使のような子供たち、お母さん、日曜日の教会
今日からまたよろしくね。


さぁさぁさぁ!
2学期のはじまり☆

2学期の初めは好調です。(ナンダカ不思議)
1学期の終わり、あんなに悶々としてエウアを抜け出したのが夢のよう。

いろいろ思うことがありました。学校側に一教師として要求される仕事量の、あまりの多さ。
私、トンガ人じゃないんだよ?トンガ語話せないんだよ?日本語教師なんだよ!?

できる、できないの話ではなく、、
ボランティアとしての立ち位置、エウア高校の一教師として協力すべきこと、
仲間として助けたい気持ち、でも彼らの将来の自立を考えて手助けすべきこと、すべきではないこと。

どこで線引きをすればいいのかさっぱり分からなくなってしまいました。
答えがでないまま、1学期が終わり。

今は首都でスポーツ大会が行われているので、
4分の1ぐらいの先生がみな引率で首都に上がっています。
校長先生もいないので、まだ学校はHoliday moodですが、
来週から学校らしくなってくるかな?

自分の中である程度答えは出たので、2学期はまた前向きに向き合って行こう。
必要とされていることは悪いことじゃないから、
彼らとの関係の中でうまく折り合いをつけて、活動していきたいと思います。

2学期のテーマ、「なんとかなるっ♪」
すごくお気楽な人みたいだけど(笑)
あまり考えすぎず、楽しくいこう!

それでは、ちょっと、新学期そうそう、
学生から、ほっこり、たくさんいただきました。
嬉しい気持ち、シェアします。


エントリーナンバー1、「どういたしまして」
e0276457_195486.jpg

トンガのオレンジ「モリ」は少し、青っぽい。(オレンジ色のモリもありますが)
でもとーてもおいしいんです。食べた後は香りがふわっと全体に広がります。
「先生、さっきモリ食べたでしょ?」と必ず言われます。
いい香りです。もちろん。

学校にフルーツ で必ず思い出すのが、先生が学生から果物を取り上げる図。
学生は、お弁当も給食もなく、お金もあまりないのでお昼ご飯を食べない学生もたくさんいます。
そんな中、ルンルンで果物を持っている学生を見つけると、先生は必ず「Hau!!!来い」と呼びつけ、果物を学生から奪うのです。初め見たときはあまりの衝撃に、言葉を失ってしまいました。

そんなフルーツ。

授業のあとに、あいさつと自己紹介しかまだ勉強していない3年生が私のところに来て、
「どうぞ」とオレンジをくれました。

「えー?いいの?ありがとう」と日本語で言うと、

「どういたしましてっ!」

と言って帰って行きました。

どういたしまして 1,2回ぐらいしか練習していないのに…。

私に言おうと、準備していたんだなとわかるから、余計、嬉しくなってしまいました。
かわいいな~。

ジャングルだ、ジャングルだとばかり、思っていた17人の3年生クラス。
最近、コントロールがしやすくなって、クラスの雰囲気もすごくいいです。
(5名ぐらいスポーツで抜けているというのもあるけれども…)

この雰囲気大切にしていきたいです。

会話のペア練習をやらせても、各自でちゃんと真剣に練習してくれます。
遊ぶ人がいないなんてキセキ
e0276457_1930617.jpg

e0276457_1932076.jpg

e0276457_1938747.jpg




エントリー#2、さざえさん
e0276457_19393468.jpg

4年生、完全にさざえさんの漫画にはまっています。
e0276457_1940251.jpg

1日1冊と決めているので、次の日に勢いよく、次の一冊貸して!!と来る、彼らに笑ってしまいます。だってさざえさんなんだもの。でもこの真面目トリオにさざえさんが妙に似合っていてクスクス。




エントリー#3 「お返事待ってます」
今5月上旬に首都で行われる「スピーチコンテスト」に向けて、校内選考会を行っている途中です。
まず校内選考会を行う前に、スピーチ課題を発表、原稿をかかせます。
その過程では、教師はノータッチ、間違っていても直さないことを説明します。
説明したのに…学生は、「かなこ、○○○(文章)これでいい?」と聞いてきます。
しょうがないので、間違っていても「うんうん、いいよ。とにかく書きなさい。」と言ってかかせるのですが、
「うんうん、いいよ」といわれるたびに、「俺は正しい文を書いてる(*^。^*)」と思いこんでガッツポーズをして、ノリにのりだします。
もうとまりません。
一文づつ書いて、私に聞いては、「しゃ~!」とガッツポーズ。
そして最後に、テンションがあがりまくったスリアシくんは、Topic10お手紙のページから「お返事待ってます」という文を見つけて書き出します。
e0276457_19444565.jpg


こらこらこら、だからそれ手紙だってば。

と言いたいけど、言えない。

スリアシ:「お返事待ってます。サイ?(いい)」
かなこ:「(もう諦め顔で)うん、うん。(もう何も言えずにうなずく)」
スリアシ:「ポトアウピトアウ(俺って上手/天才だな~)」

そして最後に「トンガよりー!!!!!」と書ききって、叫びます。(よし、俺書いたぜ!)

いや、てかそれトンガさんが書いた手紙だからトンガよりなんだよ。
あなた、スリアシでしょ。

と、つっこみどころはたーくさんあるのですが、黙っていました。笑
本当に一生懸命で可愛いな。

校内選考のあとに、訂正しましょう。

でも、ステージの上で、ハイテンションで「おへんじまってまーす!!!」とスピーチするスリを想像して、一人でにやにやしていました。最後に、「トンガよりー!」って叫ぶスリ。ふふふ。

そんな風に癒されながら、2学期もスタートです。
[PR]
by mi_kana2012 | 2013-04-19 12:34


トンガで日本語教師


by mi_kana2012

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Pre-Assignment.T.P
School Event
Japanese Class
Event in Eua
Weekend
つぶやき
文化の気付き
料理
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

消化物展示場@今一時日本
Marshallsに日本...
Tongan Time
モルディブ生活Log

外部リンク

記事ランキング

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

今までありがとうございました。
at 2014-10-19 19:45
Happy New Year!
at 2014-01-12 20:36
Japanese Guest..
at 2013-10-25 14:14
バヌアツからMalo ele..
at 2013-10-25 13:43
近況報告
at 2013-08-29 16:46

ファン

ブログジャンル

海外生活
語学

画像一覧